◆女性や障がい者の自立のために

パレスチナ刺しゅうの製作を手がけているのは現地の女性たちです。
パレスチナでは、たび重なる戦争によって、一家の働き手である男性を失った家族が多く存在します。
子どもを抱え、特別な技術を持たない女性たちが生計を立てることは容易ではありません。
難民は場所によって職業制限もあり、特に女性や障がい者の就職先はほとんどありません。
そのため、家にいながら、時間的も 自由に作業ができる刺しゅうは女性の収入源として需要な役割を果たしています。

◆ 刺しゅう製品の売り上げが難民や障がい者を支えています

パレスチナ刺しゅうを買って、現地の障がい者や女性たちの自立を支援することができます。
お買い上げいただいた金額の内訳は、刺繍を作った人たちの手間賃として20%、
現地の団体の活動費20%、材料費20%、輸送や梱包費用20%、税金や販売経費20%となります。
パレスチナ子どものキャンペーンは1986年から支援活動を続けています。
支援事業は子どもと家族の生活を支え、障がい者の自立を助け、また子どもが安心して成長することを目指しています。
そして援助に頼らずに自分たちの力で生活したいと願っているパレスチナの大人たちを支えるものです。